2014年05月18日(日)0ブックマーク

定率減税│税額の一定割合を減額する措置

経営ハッカー編集部

税額の一定割合を減額する措置であったが2007年に廃止

バブル崩壊後の1999年に景気回復を目的として制定された減税制度です。所得税が20%相当、控除される制度で、導入当初は恒久的な減税という名目でした。 その後景気回復の機運が高まると同時に国の増税路線が強くなり、段階的に控除額が縮小されていきました。 そしてついに2007年1月をもって完全廃止となりました。定率減税を復活させてはどうかという議論はしばしばされていますが、今後再度復活するかどうかは分からない状況が続いています。

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

関連する事例記事

  • 確定申告09月11日経営ハッカー編集部

    サラリーマンのスーツを経費にできる特定支出控除とは

    0ブックマーク
  • 確定申告09月03日経営ハッカー編集部

    いざというときに困らない領収書の正しい書き方

    0ブックマーク
  • 確定申告08月28日経営ハッカー編集部

    雑所得が20万円以上か以下かで決まるサラリーマンの確定申告

    0ブックマーク
  • 確定申告08月22日経営ハッカー編集部

    年末調整 もう悩まない!「住宅借入金等特別控除申告書」の記入方法を徹底解説

    0ブックマーク
  • 確定申告08月22日経営ハッカー編集部

    年末調整 平成30年(2018年)分から変わった「配偶者特別控除」の計算方法を解説

    0ブックマーク
関連記事一覧
無料会員登録で限定記事が読める
資金繰りナビ スモールビジネスの資金繰りはこれ一つで完結