2014年05月18日(日)0ブックマーク

同居特別障害者│特に重度の障害のある方と同居している場合

経営ハッカー編集部

特別障害者と同居している場合には障害者控除が手厚く保障される

特別障害者とは、障害者の中でも、次のうち特に重度の障害のある方を言います。

・身体障害者手帳に身体上の障害の程度が一級又は二級と記載されている方 ・精神障害者保健福祉手帳に障害等級が一級と記載されている方 ・重度の知的障害者と判定された方 ・いつも病床にいて、複雑な介護を受けなければならない方 など

特別障害者と同居している場合、同居特別障害者控除として納税者の所得から75万円を差し引くことができます。

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

関連する事例記事

  • 確定申告10月26日経営ハッカー編集部

    独立するなら個人事業主?それとも会社設立?迷ったらまずは双方のメリットを比較

    0ブックマーク
  • 確定申告09月11日経営ハッカー編集部

    サラリーマンのスーツを経費にできる特定支出控除とは

    0ブックマーク
  • 確定申告09月03日経営ハッカー編集部

    いざというときに困らない領収書の正しい書き方

    0ブックマーク
  • 確定申告08月28日経営ハッカー編集部

    雑所得が20万円以上か以下かで決まるサラリーマンの確定申告

    0ブックマーク
  • 確定申告08月22日経営ハッカー編集部

    年末調整 もう悩まない!「住宅借入金等特別控除申告書」の記入方法を徹底解説

    0ブックマーク
関連記事一覧
無料会員登録で限定記事が読める
資金繰りナビ スモールビジネスの資金繰りはこれ一つで完結