2014年05月18日(日)0ブックマーク

発生主義│収益と費用を発生の時点で認識する会計概念

経営ハッカー編集部

収益と費用を発生の時点で認識する会計概念を発生主義という

発生主義とは収益と費用を発生の時点で認識する概念です。

例えば商品を掛けで販売した場合に、現金主義によるとこの時点では売上が計上されませんが、発生主義によると売上(収益)が計上されることなります。 同じく、掛けで商品を購入した場合、現金主義によると支払の時点まで費用は計上されませんが、発生主義によると仕入(費用)が計上されることになります。 一般的に認められていない現金主義と異なり、発生主義による会計は広く企業会計や個人事業主の会計において利用されています。

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

関連する事例記事

  • 確定申告07月12日経営ハッカー編集部

    源泉徴収票がない!そんなときは慌てずに会社に再発行申請を

    0ブックマーク
  • 確定申告03月08日経営ハッカー編集部

    自宅の売却損の一部を、税金で取り戻す特例

    4ブックマーク
  • 確定申告03月08日経営ハッカー編集部

    労働保険料の計算&徴収方法

    1ブックマーク
  • 確定申告03月08日経営ハッカー編集部

    確定申告について税務署に相談したい……というときに知っておきたいこと

    0ブックマーク
  • 確定申告02月05日経営ハッカー編集部

    元国税局職員芸人・さんきゅう倉田「あなたの知らない税務調査 後編 ー本当にあったこんな話ー」

    2ブックマーク
関連記事一覧
経理と労務 まとめて効率化
無料会員登録で限定記事が読める