2014年05月18日(日)0ブックマーク

無申告加算税│確定申告を忘れたら

経営ハッカー編集部

無申告加算税が課されるとき

所得税法では、毎年1月1日から12月31日までの一年間に生じた所得について所得税を納付することとなっていますが、期限内に申告納付を忘れると、所得税の他に無申告加算税がさらに課されることがあります。

各年分の無申告加算税は、原則として納付すべき税額に対して、50万円までは15%、50万円を超える部分は20%の割合を乗じて計算した金額となります。なお、税務調査を受ける前に自主的に申告した場合には、少し減額されることがあります。

無申告加算税が課されない場合

期限の後の申告が、法定申告期限から2週間以内に自主的に行われていること等一定の要件に該当するとき、無申告加算税が課されないこともあります。

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

この記事の関連キーワード

ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

関連する事例記事

  • 確定申告06月27日経営ハッカー編集部

    確定申告についてよく知らないサラリーマンのための確定申告入門

    0ブックマーク
  • 確定申告06月25日経営ハッカー編集部

    確定申告の対象者はどう決まる?年末調整との違いや延滞・無申告のペナルティとは

    0ブックマーク
  • 確定申告06月25日経営ハッカー編集部

    青色申告|青色申告承認申請書はどのタイミングで提出するもの?

    0ブックマーク
  • 確定申告03月24日経営ハッカー編集部

    キャッシュフロー計算書の仕組みと経営状態の読み取り方

    0ブックマーク
  • 確定申告03月24日経営ハッカー編集部

    【確定申告】医療費控除の申告期限と還付金額の計算方法まとめ

    0ブックマーク
関連記事一覧
無料会員登録で限定記事が読める
百五銀行