2013年07月04日(木)0ブックマーク

7月10日、源泉所得税について

経営ハッカー編集部

今日は、従業員9人以下の会社を経営されている経営者の皆様への告知の記事となります。 源泉所得税の納付期限が7月10日までというお話になります。

 

1、対象

この所得税から源泉徴収した分を7月10日までに納めなくてはいけない対象の人は、

1、従業員が9人以下の会社で 2、所得税を半年分まとめて納付することを申請している

経営者の方になります。

2、注意点

所得税の納付といっていますが、この所得税は、月ごとの給料だけが対象ではなく、退職金や賞与も含まれるので、ご注意ください。特に退職金は、小さな会社ですと、忘れやすいのでお気をつけください。

従業員9人以下の経営者の皆様は忘れずにお済ませください!

この源泉所得税の留意点については、税理士の方々が書かれたものが多くありますので、参考として張っておきます。 〈参考〉【完全版】5分で理解できる源泉徴収の仕組みと全体像|経理・税務の基本知識

シェア0
ツイート
ブックマーク0
後で読む

この記事の関連キーワード

ボタンをクリックすると、キーワードをフォローできます。

関連する事例記事

  • 経理・財務08月22日経営ハッカー編集部

    源泉徴収額の計算方法・税率を税理士が解説 | 計算例3選つき

    0ブックマーク
  • 経理・財務08月15日日本経済新聞

    企業版ふるさと納税、寄付額の9割軽減へ 政府検討

    0ブックマーク
  • 経理・財務07月12日経営ハッカー編集部

    聞きたくても今さら聞けない法人税率の基礎

    0ブックマーク
  • 経理・財務07月12日経営ハッカー編集部

    法人住民税と個人住民税の「所得割」とは?

    0ブックマーク
  • 経理・財務07月03日日経ビジネス

    いかに効率よく働かせるか、原価計算と管理会計の誕生 テイラーが考えた「科学的管理法」

    0ブックマーク
関連記事一覧
経理と労務 まとめて効率化
無料会員登録で限定記事が読める